BLOG

Blitz Gateスタッフブログ

BLOG

Macでbashファイルを作る

書いた人:

Mac , 技術  

bash

こんばんは、CTOのゆんゆんです。

弊社エンジニアチームには「3回繰り返したら自動化する」というルールがあります。

これはルーチン化出来るものは可能な限り行い、よりクリエイティブな事に時間を使って欲しいという思いがあります。

そこで、今回はサンプルでbashファイルを作成して画像ファイルのコピーをする方法を記載してみます。

bash

まず、今回のソースはこんな感じになっています。

 

一つ目のポイントは7行目です。

 

for文のループにファイル検索を渡しています。

これにより、ファイル検索した結果分だけループすることになります。

 

二つ目のポイントは17行目のif文です。

for文の命令内で行っている検索は、下層ディレクトリも検索してしまうので、

ここで同一ディレクトリのものだけという判定を行っています。

あとは「cp」コマンドでファイルをコピーしてあげるという流れです。

 

そして最後のポイントは「このシェルスクリプトファイル自体」です。

Unix系を触ったことがある人ならもうお気づきかもしれませんが、

このファイルに「実行権限」を与えないと、シェルスクリプトとして動きません。

ですので「chmod」コマンドでこのシェルスクリプトに実行権限を与えましょう。

 

あとは「ターミナル」から、作成したファイルを実行してあげるだけです。

 

いかがですか?

これで実行すると、jpgファイルがあればコピーされていると思います。

シェルスクリプトが使えるようになると、他にもzipファイルを作ったり、

ディレクトリごと移動させたりすることも可能です。

これを期にいろいろ自動化させてみてはいかがでしょうか?

ではでは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加