BLOG

Blitz Gateスタッフブログ

BLOG

CakePHP3でPEARライブラリを使う方法

書いた人:

CakePHP3 , 技術  

PEAR

どうも、CTOのゆんゆんです。

 

僕は趣味でクラシックギターを弾いているのですが、
先日弦を切ってしまい、買いに行く時間も無くて途方にくれてます・・・。

 

さて、今回は需要があるかは微妙ですが、CakePHP3でPEARライブラリを使用する方法をご紹介します。
ちなみに、CakePHP3からはComposerを使用してインストールが可能になっています。
また、Composerを使用してCakePHP3をインストールできている前提のお話ですので、
Composerって何?という方はコチラなどを参考にどうぞ。

 

Composer
ComposerはPHPの依存管理ツール。
Composerを使用することで、様々なパッケージのインストールや更新、削除が楽にできる超イカした憎いやつ。

 

composer.jsonを修正

 

composer.jsonは、デフォルトではPackagistのものしか見に行かないです。
ですが、PEARなど他のライブラリなども、リポジトリを追加することで参照することが可能になっています。

 

Packagist
Composerのライブラリが集まっている場所。
composer.jsonへの記述方法や必須PHPバージョンなど、細かな情報がわかりやすく掲載されている。

 

今回はPEARライブラリの「HTTP_Request2」をインストールしてみましょう。

 

Packagistで「HTTP_Request2」を検索してみると、「pear/http_request2」というものが見つかります。
ここに記述されている内容を見てみると、下記のように記述されています。

 

 

しかし、このコマンドで綺麗に入らない場合があります。
その場合は下記のように修正します。

 

 

しかし、これでも実はうまく動きません。
そう、PEARはComposerとは違うリポジトリで管理されているためです。
なので、PEARのリポジトリを指定してあげましょう。

 

 

これでリポジトリが指定されます。
あとはComposerを使ってインストールすれば、「vendor\pear-pear.php.net」ディレクトリ下にファイルがダウンロードされてきます。

 

また、Controllerファイルで使用する場合は下記のように指定すれば、使用することが出来ます。

 

 


 

いかがでしたか?
あまり情報が見つからなかったので記述してみました。
皆さんのお役に立てばうれしいです。

 

次はスマホアプリの事を書いてみようかな?
それではっ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加