BLOG

Blitz Gateスタッフブログ

BLOG

UICollectionViewでセルを表示する方法

書いた人:

iPhone , 技術  

collection_icatch

あけましておめでとうございます、CTOのゆんゆんです。

 

皆さん、年末休暇はいかがお過ごしでしたか?
自分は年末飲み過ぎて一部記憶がない部分があります(ぁ

 

さて、今回はiPhoneアプリ開発でよく使用するUICollectionViewの使い方を書いてみようと思います。
UICollectionViewのイメージは、iPhoneの「写真」アプリのように、セルをグリッド表示するUIです。
これを使うと簡単にセルを表示することが出来ます。

 

では早速行ってみましょう。

 


 

まず始めに、プロジェクトを作るという部分に関しては省略させていただきます。
Create Projectを押して適当に入力するだけですしね・・・。

 

StoryBoardでUICollectionViewを配置

 

StoryBoardを開き、UICollectionViewを配置しましょう。

 

Xcode右下あたりにあるUI一覧から「Collection View」を選択し、StoryBoard上のViewに配置します。

 

uicollectionview

 

配置が終わったら、ViewController.hに対し、コネクションを張りましょう。
コネクションは右クリックを押しながらViewController.hに移動させると出来ます。
(右クリックがうまく出来ない人は、Ctrlを押しながら左クリックをドラッグさせましょう)

 

今回はCollectionViewの名前を「cellCollectionView」としました。

 

現段階のViewController.hはこんな感じです。

 

デリゲートとデータソースを設定する

 

コネクションを貼ったCollectionViewに、データデリゲートを設定しましょう。
設定箇所は ViewController.m と ViewController.h の2箇所です。

 

●ViewController.h

 

●ViewController.m

 

ソースはこんな感じになりました。

 

現段階でビルドするとエラー落ちするかと思います。
これは、データソースやセルの設定をしていないからです。
ですので、まずはセルの設定を行いましょう。

 

セルの設定はStoryBoardからUICollectionView内にあるセルを選択し、セルにIDを設定します。
今回は「Cell」というIDにしました。
 

cell

 

次にソースコードにセルを設定する部分を追記しましょう。

 

●ViewController.m

 

これでセル自体の設定は完了です。

 

では、データソースの設定を行いましょう。
データソースは「セクション数」と「セル数」を設定します。
今回は セクション数1、セル数10 で設定してみましょう。
下記のプログラムを更に追記です。

 

●ViewController.m

 

これで実行してみましょう。
セルが10個表示されましたか?
セルの大きさや色などをStoryBoardで変更すると、大きさが変わります。

 

セルのレイアウトを変更したい場合

 

プログラムでセルの大きさを変更したい場合があるかと思います。
その場合は下記のメソッドを追加してあげれば変更出来ます。

 

●ViewController.m

 

今回はここまでです。

 

いかがでしたか?
作成してみた感覚ですが、UITableViewと同じような作成方法なので、
既に開発していらっしゃる方々にはとっつきやすいかな?と思ってます。

 

次は何を書こうかな?
ではではっ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加