SERVICE

ARTIFICIAL INTELLIGENCE

AI(人工知能)

AIは身近なシステムにも導入できる

近年、機械学習の発展により、様々なシステムやサービスに「AI」が導入されるようになりました。 しかし、実際にAIは何ができるか、AIによってシステムがどう変わるのかなど、まだまだ目に見えない部分が多くあります。 その結果、AIの言葉はよく聞くけど、どうすればいいかわからないという声が聞かれます。 ブリッツゲートは、AIの活用方法のご相談から、システムに合わせた開発・運用まで、幅広くサポートいたします。

01.

顔認識

Face Recognition

顔認識のシステムは、社内ツール等に導入すると利便性を高めることができます。例えば、社内ワークフローシステムのログインを顔認証にすることで入力の手間を省く。 工場内に設置したタブレットで、担当者を選択する代わりに、顔で担当者を判断する。また、受付のシステムで利用すれば、2回目以降のお客様には名前を尋ねる必要もありません。 このように、そのシステムを「誰が使うか」が重要になる場面において、顔認識は活用できます。

02.

音声認識

Speech Recognition

音声認識は、入力時間の削減や対話形式でのテキスト入力などで活用されます。 会議の内容を音声認識で文字にすることで、手間なく議事録を残すことができます。 また、タブレット端末の利用が増えてきましたが、文字入力は慣れていない方には非常に手間な操作です。 その時、音声で入力できるだけで、どんな方でもスピーディに文字入力ができるようになります。 さらには、英語や中国語で音声入力した内容を翻訳することでインバウンド対応も可能にするなど、活用場面が多いシステムです。

03.

文字認識

Character Recognition

少しずつ減ってきてはいるものの、ほとんどの業界で手書きの書類はまだまだ多く利用されています。 その手書きの文字でさえも、AIを活用してIT化することが可能になりました。 書類の山の中から特定の書類を探し出すことは困難ですが、文字をデータ化しておくことで検索が容易になります。 また、FAXによる手書きの注文書も自動化することで、人員コストの削減や作業時間の短縮が可能です。

Tegaki

AIを活用し
手書き書類をデータ化

見積書や注文書を高速・高精度で認識し
業務効率の向上に貢献します。

  • ✓独自OCRによる認識率99.2%
  • 多様な文字を読み取れる高い利便性
  • ✓他言語対応・業界用語対応可能
Tegaki 読み取り後
Tegaki 手書き文字

OCR×RPA

RPA連携

ブリッツゲートでは優秀な手書き文字認識AIを持つ「Tegaki」のパートナーとして、様々なソリューションを提供しています。 OCR×RPAによる効率化で、システムへの登録やデータ取得後の操作の自動化等、さらに人為的作業の削減を可能とします。

OCR×RPA

開発やコンテンツ制作のご依頼やご相談、ご質問などお気軽にお問い合わせください。

CONTACT

TEL.050-5274-9631

受付時間: 平日 10:00-18:00