BLOG

Blitz Gateスタッフブログ

BLOG

iPhoneアプリで画面遷移をする方法

書いた人:

iOS , iPhone , 技術  

スマホ操作

どうも、このところお腹の調子がすこぶる悪いCTOのゆんゆんです。

 

さて、今回はiPhoneアプリで必須になってくる画面遷移の方法を記載してみます。

 

iPhoneの画面遷移には2パターンほどあり、それぞれ特徴があります。
(実はあと1つ、xibを使った方法もありますが、ここでは割愛します)

 

弊社では状況に応じて使い分けているというのが現状です。

 

StoryboardのGUIによる画面遷移

 

これは比較的簡単です。

 

Storyboardで遷移させたい先にCtrlを押しながらマウスでドラッグアンドドロップをし、
セグエを引くだけです。

 

この場合、画面間のパラメータの受け渡しには下記のようなメソッドを使用する必要が出てきます。

 

 

このメソッドを使用することで、画面遷移時にパラメータを渡すことが可能です。

 

プログラムによる画面遷移

 

こちらは少々難しいです。

 

Storyboardの各画面にIDを振り、そのIDを元に画面を遷移させていきます。

 

命令文は下記のような感じです。

 

 
プログラムで遷移させる場合、各画面感のパラメータの受け渡し時の自由度が高く、
様々なものを渡すことが容易です。

 

実はxibファイルという昔ながらの方法での画面遷移は、こちらに近いイメージです。

 


いかがでしたか?
画面遷移でパラメータを受け渡す方法などは、また別の機会にでも書こうかと思います。

 

ではではっ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加