iPhoneアプリを作るならCocoaPods!!インストール・更新する方法

のえる のえる 2019.08.06

今回は弊社でも積極的に利用しているCocoaPodsのインストール方法について、書いてみたいと思います。
既にご存知の方も多いとは思いますが、お付き合いください。

インストール

Macのターミナルを起動して、下記の内容を入力します。

 

補足

ここのポイントは 「sudo」 という命令を頭につけているところ。
これにより、管理者じゃなくても管理者コマンドを使えます。

インストールができない

OS X El Capitanの場合、System Integrity Protection(SIP)というシステムがあり、そのままではインストールができません。

 

その場合、下記のようなコマンドになります。

 

注意喚起

旧バージョンのMac OSからアップデートした場合、Cocoapodsが使えなくなることがあります。
その際は Cocoapods をアンインストールした後で、改めてEl Capitan用のコマンドを実行することで、再度使用することができます。

Cocoapodsのバージョンを確認する

バージョン確認のコマンドは次のようなコマンドを入力することでわかります。

 

Cocoapods自身のバージョンを上げる

CocoaPodsのバージョンアップはこのコマンドになります。

 

 

基本的にこれでアップデートできますが、エラーが出たり、最新バージョンにアップデートできない場合があります。
その時は Cocoapods の場所を指定 することで、アップデートできる場合があります。

Cocoapodsのインストール場所を調べる

まずは、下記のコマンドでCocoapodsがインストールされている場所を調べましょう

 

 

すると、こんな感じで場所を教えてくれます

 

Cocoapodsの場所を指定してアップデート

あとは場所を指定してアップデートしましょう
ポイントは pod まで記述しないこと です

 

 

これでアップデートできることがありますので、うまくいかないときは試してみると良いでしょう。

さいごに

CocoapodsはiPhoneアプリを開発する上で、とても便利なものです。
是非、インストールして使ってみましょう。

スポンサーリンク

POPULAR

のえる

書いた人

のえる

Full-stack Developer / Guitarist