CMS徹底比較! [WordPress] VS [Movable Type] どっちを選ぶ?

なべっち なべっち 2018.12.14

こんにちは。なべっちです。
みなさんCMSは使っていますか?

CMSとは
Contents Management System(コンテンツマネジメントシステム)の略。HPやブログの制作、更新が容易。

 
CMSと言っても様々ありますが、今回は特によく普及しているWordPressとMovable Typeについて比較します。
 

WordPressとMovable Typeの比較

ライセンス

WordPressはGPLといって商用でも無償で利用できます。
Movable Typeは個人事業、法人、団体での利用は有償です。個人無償ライセンスと開発者ライセンスは無償で利用できます。
 

種類

WordPressには以下の2種類があります。

  • WordPress.org…ソフトウェア版。インストール作業、サーバーの用意が必要です。
  • WordPress.com…無料ブログサービス版。会員登録するだけで利用できます。

 
Movable Typeには以下の4種類があります。

  • MovableType.net…ウェブサービス型。インストール作業、サーバーの用意が不要です。
  • Movable Typeソフトウェア版…サーバー環境の設定・管理が自由に行えます。インストール作業、サーバーの用意が必要です。
  • Movable Typeクラウド版…運用コストを抑えることができます。インストール作業、サーバーの用意が不要です。
  • Movable Type for AWS…Amazon EC2を利用します。

 

複数ブログ

WordPressはマルチサイト機能を設定することで複数ブログを管理することができます。
Movable Typeは標準で複数ブログを管理することができます。
 

動的生成・静的生成と再構築

WordPressは動的生成のみ対応しています。
Movable TypeはMovableType.netを除いて、動的生成・静的生成どちらも対応していますが、静的生成を行う場合は公開の度に再構築が必要となります。MovableType.netは動的生成のみ対応しています。
 

テーマ・プラグイン

WordPressの方が充実しています。
また、MovableType.netではプラグインの追加はできません。
 

開発言語

WordPressはPHPで開発されています。
Movable TypeはPerlで開発されています。
 

カスタマイズ

WordPress関数というものが豊富にあります。

詳細はこちら
関数リファレンス – WORDPRESS Codex日本語版

 
Movable Typeでカスタマイズを行うにはMTタグを使用します。

詳細はこちら
Movable Type テンプレートタグリファレンス

 

まとめ

WordPressの魅力的な点は無償で使える点と自由度の高さです。ですが、WordPressでカスタマイズをするにはある程度のPHPのスキルが必要になってきます。その点、Movable Typeはカスタマイズの敷居が比較的低く、テクニカルサポートも利用できます。WordPressにも有償サポートがありますが、広く普及しており情報量も豊富な為、無償で情報を得るのも難しくないでしょう。

スポンサーリンク

POPULAR

なべっち

書いた人

なべっち

Frontend Engineer