特定のカスタム投稿タイプの記事ページが突然404になってしまった話

もきち もきち
2020.09.18

こんにちは。もきちです。

先日、一時的にこのブログの記事ページが404になっていました。

大変申し訳ございません。

 

原因を突き止めて対応し、現在は正常に稼働しています。

今回は、発生した状況とその原因についてご紹介します。

 

突然、特定のカスタム投稿タイプのみ404になった

WordPressのアップデートを行った後、各ページが正常に閲覧できることを確認しました。

無事にアップデートが終わったことを確認して数日経過した後、ブログ記事ページが「404 ページが見つかりません」の状態となっていました。

 

アップデートした後、ブログ記事ページが表示されていたことは確認しています。

そのため、突然見れなくなったことに焦りました。

 

ただ、この手の問題は「設定→パーマリンク設定を更新すれば直るはず!」と、実行してみたところ、無事に閲覧できるようになりました。

 

 

めでたしめでたし。

 

 

翌日、また404になっていました。

 

 

そうは問屋が卸さない

 

 

 

 

 

定期的に404が発生する。でもタイミングは不明

再度パーマリンク設定を更新したところ、正常に確認できました。が、ある程度時間が経過するとまた404になってしまいます。

しかも、404になるタイミングに規則性が無いため、いつの間にか見れなくなっている状態。

 

わけがわからないよ

 

詳しく原因を調査したところ、以下のことがわかりました。

404が発生するのはブログ記事ページのみ

・パーマリンク設定を更新しなくても、パーマリンク設定の画面を開いた時点で直る

 

……謎が深まるばかり。

プラグインの更新忘れが原因だった

ブログ記事ページのみ発生することから、カスタム投稿タイプの問題を疑うことにして、カスタム投稿タイプ関連のプラグインを1つずつ無効化してみることに。

すると、Custom Post Type Permalinks を無効化したときに404が発生しなくなりました。

 

コイツ!!手間かけさせやがって!!」と思っていると、プラグインのバージョンが古いことに気付きました。更新して再度有効化したら問題無く動いて、しばらく時間が経っても404が発生しなくなりました。

 

プラグインは何も悪くなかったです。悪いのはプラグインを更新していない自分でした…。

 

皆さんも、WordPressのアップデート時には、プラグインの更新もしっかりと確認するようにしてくださいね…!

 

スポンサーリンク

POPULAR

もきち

もきち

Director / Creator

もきち

もきち

Director / Creator

フロントエンドの開発をメインで担当しています。マルチなクリエイターを目指しています。お好み焼きはおかずです。